赤ちゃんの車の暑さ対策!チャイルドシートを冷やすには?


child_seat_01

毎日毎日暑い日が続きますが、特に車の中の暑さには耐え難いものがありますよね。

大人でも暑くて嫌になる毎日ですが、この暑さの中で気になるのは子供の暑さ対策。

特に、赤ちゃんのチャイルドシートの暑さ対策で悩んだことはありませんか?

 

私はすごく困っていました。

 

車の中はクーラーで冷やすことが出来ても、チャイルドシートの中は蒸れて、背中は汗でビッショリ。

結果、子供の背中にあせもが出来て可哀想ですし、
あせもができると、その後、家にいる時も、痒くて赤ちゃんの機嫌が悪くなって大変でした。

そこで今回は、夏になると悩む、赤ちゃんの暑さ対策や、
その中でも特にチャイルドシートの暑さ対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの車の暑さ対策で車を冷やすには?

赤ちゃんを連れてのおでかけはただでさえ大変ですが、
この時期特に気になるのが、赤ちゃんと車でかける時の暑さ対策ですよね。

 
車に乗る前に、前もってエンジンをかけ、エアコンで冷やしておければいいのですが、
一軒家ならまだしも、アパート等だと他の方の車も止まっていますし、
エンジンをかけっぱなしにするのも心配ですよね。

 
しかも、事前にエアコンで冷やしておければまだいいのですが、
私の車の場合、エコカーのためアイドリングストップ機能が付いており、
車が止まっている時は、エアコンが効かない仕様です。

エンジンを事前にかけても、クーラーがちっとも効いていないという悩みを抱えていました。

 
とにかく、車の暑さ対策に悪戦苦闘していました。

 

色々試してみたので、その中で効果があったものを紹介します。

 

車を一気に冷やす方法

閉めきったままにしておいた夏の車の中はものすごい温度。

 

高温になっている車内は、そのままクーラーやエアコンをかけても、なかなか冷えず、効くまでに時間がかかってしまいます。

まずは、一刻もはやくものすごく高温になっている車の中を冷やさないといけません。

車の中の熱気を逃して、温度を一気に下げる方法を紹介します。

    車内の温度を一気に下げる方法

  1. 助手席側の窓を全開にする。
    (上げるガラスは一つだけ)
  2. 運転席のドアを4~5回開け閉めします。
    ドアをうちわのように使うイメージで。
    バタンと強くしめなくても大丈夫です。

これで室内の熱気はかなり排出されます。

 

まずは、熱気を逃してから、その後エアコンで冷やすと冷えるのが早くなります。

 

車の暑さ対策でチャイルドシートはどう冷やす?

まず、車内を冷やす方法を紹介しましたが、エアコンで車の室内を冷やしても、
チャイルドシートに乗っている赤ちゃんの背中は、すごく暑かったり、
汗ビッショリで蒸れていたりすることがよくありますよね。

チャイルドシートは、赤ちゃんを守るために、赤ちゃんの身体をしっかり包み込むように作られているので、
チャイルドシートと赤ちゃんの背中がピッタリ密着しているため、
クーラーの冷風も届かず、蒸れてしまいます。

赤ちゃんは体温が高いので余計に汗をかきやすく、あせもも心配ですよね。

 

また、そのまま汗で濡れたまま、クーラーの効いたお店などに入ると、
一気に汗が冷え、服が冷たくなり、風邪を引いてしまわないかも心配です。

 
そして、『チャイルドシート=暑くて不快』だと赤ちゃんが覚えてしまうと、
次回からチャイルドシートを嫌がるようになって、泣きだして乗らなくなってしまうこともあるので、とっても困ってしまいますよね。

 

かといって、赤ちゃんの背中の温度を下げようと、エアコンの温度を下げても、
背中はぴったりと密着しており、背中までクーラーの冷気が届かないので効果が薄いです。

 

しかも、チャイルドシートは安全のため後部座席に設置することが多いと思うのですが、
後部座席はクーラーの冷気が届きにくくなっています。

 
その為、後部座席に届くぐらい、しかも赤ちゃんの背中を冷せるぐらいエアコンを強くすると、赤ちゃんの手足が冷えすぎてしまいますし、
前の運転席や助手席はガンガンに冷えすぎるので、赤ちゃん以上に運転しているお母さんやお父さんは寒くなってしまいます。

 

※ちなみに、車内全体を冷やす方法や、後部座席にを冷やすために扇風機をつける暑さ対策はこちらにまとめました。
車の暑さ対策!後部座席を冷やす方法!扇風機を取り付けるには?

 
もう本当に困り果てて、どうにか解決策を探していました。

 

クーラーを強くしすぎずに、どうにか赤ちゃんの背中だけ効率的に冷やせないものかと…。

 

そんな時に見つけたのが、『チャイルドシート専用の保冷剤』でした。

 

チャイルドシート専用の保冷剤

チャイルドシート専用の保冷剤は、その名の通りですが、
チャイルドシートにセットして、赤ちゃんの背中を冷やしてくれる保冷剤です。

私が購入したのは、カンガルーの保冷剤という商品。

スポンサーリンク

購入した時は知らなかったのですが、チャイルドシートの暑さ対策に悩むママの間では
結構有名な商品で、ロングセラーの定番品なのだそうです。

 
赤ちゃんの背中を冷やすことができるので、背中の汗を防ぐことが出来るし、

暑く蒸れやすい赤ちゃんの背中だけをピンポイントで冷やすことができるので、
全体のクーラーを強くしすぎなくても良くなり、赤ちゃんも親も冷えすぎないのが本当に快適になりました。

 

実は、最初は普通の保冷剤でもいいのでは?と思ったのですが、使ってみると細かいところに配慮がされており使いやすく、ロングセラーになるものうなずけました。

 

まず、普通の保冷剤は凍らせるとカチカチに硬くなりますが、このカンガルーのチャイルドシート専用の保冷剤は凍らせてもカチカチに硬くならなりません。

カチカチになると背中がゴリゴリして赤ちゃんの座り心地が悪くなりますので、これはかなり嬉しい点でした。

 
そして、一見ただのカバーにしか見えないタオル地の外カバーなのですが、
実は、適度な断熱材が入っていて、赤ちゃんが座って背中をつけていても冷えすぎません。

そして、赤ちゃんにとって冷えすぎないだけではなく、断熱剤が入っていることで、保冷材の「もち」が良くなり、冷たさが長続きします。

 

保冷剤の冷たさを長時間保つには?

カンガルーの保冷剤は、断熱材が入っていることで、保冷剤の冷たさが長持ちするのですが、
真夏の灼熱の車内では、やはりずっと何時間も冷たいままというわけにはいきません。

保冷材ひとつにつき大体3時間くらいといったところです。

でも、できることなら、なるべく長時間冷たさを保ちたいですよね。

 

保冷剤の冷たさを長持ちさせるコツ

保冷剤を冷たいまま保つには、なるめく暑い車内に保冷剤を置きっぱなしにしない方がいいです。

また、できれば、車降りる時に、保冷バックに入れて持ち歩くと冷たさが長続きします。

 

ただ、持ち歩くのはちょっと面倒ですし、もう少し手軽に長時間冷たさが長続きしてくれたらいいですよね。

 

なので、私はスペアとしてもう1セット購入しています。

中の保冷ジェルだけのスペアだけも売ってあるのですが、なぜかカバー付きのセットよりもスペアだけのジェルの方が高いので、本体をもう1セット買った方がお得です。

そして、小さめのクーラーボックスを車に積んでおき、その中に換えのスペアの保冷剤を入れておくと、持ち歩く手間もなく、簡単に2倍の時間冷たさを保つことができます。

カバーも汚れるので洗い換えがあると便利ですし、凍らせるのも時間がかかるので、もう1セットあると本当に便利です。

 

また、更に、お盆の帰省や旅行などで、もっと長時間、幼児をチャイルドシートに乗せないといけない時は、
カンガルーの保冷剤のスペアではない普通の保冷材も凍らせ、クーラーボックスに入れています。

もちろん専用の保冷剤ではないのでカチカチですが、普通の保冷剤は使い方にコツがあります。

 

1.1個目のカンガルーの保冷剤をチャイルドシートにセット!

2.そして、普通の保冷剤は、まず、2番目に使うカンガルーの保冷剤のスペアの冷たさを保つために使います。

3.次に、1番目の保冷剤がぬるくなったら、2番目のスペアの保冷剤をチャイルドシートに使用します。

4.そして、2番目のスペアの冷たさがなくなる頃(数時間後)には、
  普通の保冷剤が少し溶けて、ちょうどいい硬さになっているので、
  普通の保冷剤も最後にチャイルドシートの保冷剤として使え、効率的です。


 
以上で、長時間のお出かけでも快適に過ごせます。

 

以上、チャイルドシートの暑さ対策について紹介しました。

子供も夏のチャイルドシートで汗をかいて可哀想だった状態から、今は解放されて快適に過ごしています。

カンガルーの保冷剤は、チャイルドシートの暑さ対策に悩んでいるお母さんには本当におすすめの一品です。

 

みなさんも車内の暑さ対策を万全に、素敵な夏を過ごしてくださいね!

 
車内全体や後部座席を冷やすための暑さ対策はこちら
車の暑さ対策!後部座席を冷やす方法!扇風機を取り付けるには?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ