車の暑さ対策!後部座席を冷やす方法!扇風機を取り付けるには?


senpuki01

夏の車内はとてもじゃないけど、暑くて耐えられない。

ただでさえ耐えられない程の熱気なのに、
車の後部座席はクーラーの風が届かず、運転席よりももっと暑い。

子供を後部座席に乗せることが多いので、ずっと気になっていました。
車の後部座席の暑さ対策で効果があったものを紹介します。

 

スポンサーリンク

車の暑さ対策~後部座席編~

大きいファミリーカーなら後ろにもクーラーの吹き出し口がついている車もあるのですが、
軽自動車だったり、あまり大きくない車だと、後ろまでクーラーが効かないことがよくあります。

車全体を頑張って冷やしても、クーラーの冷たい風が後ろまで届かず
後部座席まではなかなか冷えませんよね。

チャイルドシートなどは後部座席に乗せることが多いので、
後部座席に乗せた赤ちゃんや子供が暑がって大変。

 
しかも、うちの車の場合、エコカーでアイドリングストップ機能がついており、
信号待ちなどでエンジンが止まると、同時にクーラーも止まるので、
後ろは熱気ムンムンで全くクーラーの意味がありませんでした。

信号で止まると、後ろの子どもたちは汗だく。

この後部座席の暑さをどうにかしてあげたいと思って、色々とためしてみました。

 
後部座席を一刻も早く冷やしたいのですが、後部座席を冷やす前に、
まずは全体を上手く冷やす必要があります。

全体が冷えた上でないと、もちろん後部座席も冷えません。

車全体を効率よく冷やせるようになると、後部座席も冷えやすくなります。

 

車内を暑くしないようにする。

暑くなっては冷やすのが大変なので、そもそも車内の温度をあげないようにしましょう。

車が暑くなる要因は、ダッシュボードとフロントガラスから入る熱気が大きいので
車を離れる時は、サンシェードをしましょう。

 

早く熱気を逃がす

車の熱気を素早く排出する方法です。

  1. 助手席側の窓を全開にする。
    (上げるガラスは一つだけ)
  2. 運転席のドアを4~5回開け閉めします。
    ドアをうちわのように使うイメージで。
    バタンと強くしめなくても大丈夫です。

これで室内の熱気はかなり排出されます。

熱気を逃してからエアコンを使うと冷えるのが早くなります。

 

エアコンで効率よく早く冷やす

エアコンで効率よく早く冷やすには、

最初にガンガン最低温度・最大風速で冷やした後、
それを維持する程度の風力にする
ことです。

維持するために使うエネルギーは少しなので、
最初に一気に冷やしたほうがエコです。

25℃にしたいからといって、25℃でいつまでもゆっくり冷やしていたら、
なかなか冷えませんし、エネルギーも無駄遣いでエコにもなりません。

 

更に効率よく冷やすには?

そして、更に効率よく車内を冷やすには、
外気循導入モードと内気循環モードを使い分けましょう。

外気導入モード=外の空気を車内に取り入れる
内気循環モード=中の空気を循環させる

これらを使い分けます。

 

1・まず、エンジンをかけて、最初は、外気導入モードで
最低温度・最大風量で一気に冷やします。

そのまま1~2分待ちます。

これで、室内の熱い空気を外に逃すことができます。

2・その後、内気循環に切り換えます。

内気循環モードで、快適な温度まで冷やします。
最低温度・最大風力のまま、ガンガン冷やしてください。

3・快適な温度まで冷えたら、風量を最小まで弱くします。

このまま最小で維持します。
寒くなったら、OFFにしてOKです。

注意点は、最初に外気導入モードで中の熱気を追い出すのを忘れないことです。

最初から内循環モードにしてしまうと、灼熱の空気を循環させることになり、
冷えるのに時間がかかり、効率的ではなくなってしまいます。

また、外気導入モードでずっとエアコンをかけていると、
外の熱い空気をずっと取り込んで冷やし続けることになるので、
エコになりません。

外循環モードで車内の熱気と外の空気を入れ替えてから、
内循環モードで空気を冷やし、冷やした空気を循環させる
ことで
車内がよく冷えます。

 
この方法だと一気に効率よく冷える上に、エコです。
お金もかかりませんし^^

これだけでもだいぶ違います。
全体を効率よく冷やす方法が分かったら、後部座席の対策をしましょう。

 

車の暑さ対策で後部座席を冷やす方法!

後部座席を冷やす方法で効果的だったのは、

・カーテンで荷台を仕切ること
・扇風機で前の冷たい風を送ること

でした。

カーテンで仕切る

当たり前なのですが、狭ければ狭いほど冷房はよく効きますよね。

 
よくよく考えてみると、車には冷えなくても問題ない空間がないでしょうか?

 
・・・そうです!

荷物を載せる荷台です。

スポンサーリンク

通常、人が乗らない荷台まで冷たい風が届く必要がないので、
荷台に風が行かないようにカーテンで仕切ってしまっています。

すると、冷やす範囲が狭くなるので、クーラーが効きやすく、
しかも早く冷えるようになります。

ただ、よく荷台を使用する方で、食品など暑くなっては困るものを
荷台に乗せる時は使えない技ですので、気をつけてください。

 
付け方は、車内の天井付近に突っ張り棒をつけ、カーテンを通すだけです。
参考になる動画があったので紹介します。

ただ、色がついたカーテンで仕切っていまうと後ろが見えません。
違反ではないのですが、私は後ろが見えたほうが安心なので、
後ろが見えるように透明タイプのカーテンの方がおすすめです。

 

扇風機で後部座席に風を送る

荷台に荷物を入れる場合は、荷台まで風を送らなくてはならないので、
カーテンで仕切る技が使えません。

そこで考えたのが、前のクーラーで冷えた冷たい空気を
どうにかして後部座席に送ることができないかということでした。

探してみると車用の扇風機があったので、それを使うことにしました。
車用の12Vの扇風機です。

 

そして使ってみたけ結果、

音がうるさい。

無理してモーター動いている感じで、とにかく音がうるさくて、
赤ちゃんが起きてしまいそう

シガーソケットに直接さして使える点では手軽で良かったのですが、
結局騒音に耐え切れず使うのをやめてしまいました。

 

・・・でもやっぱり暑い。

後部座席の子供は顔に汗を浮かべている。

 
やっぱり扇風機が付けたい。

 
・・・と思い音が静かな扇風機を探すものの、

 
車用はだいたい音がうるさく、
うるさくないものはパワーが弱くなるというジレンマ。

パソコン用のUSB扇風機を付ける手段も考えたのですが、
自分がパソコン用に使っているUSB扇風機が恐ろしくパワーが弱いので、
とてもとても後部座席にまで風が届くとは思えなかったので却下。

充電式・電池式なども考えたのですが、こちらも音とパワーの面から却下しました。

 
そして、静かさやパワーの面などから色々考えた結果、
最終的に家庭用の小型扇風機を付けることにしました。

18cmの小型タイプで、クリップが付いているものです。
クリップが付いているタイプなら簡単に付けられます。

 
そして、家庭用扇風機は音が静かなのに加え、首振り機能がついているので、
空気を循環させるのにも役立つし、子供に直接風があたり続けないのも嬉しい。

風が当たりすぎて自分で避けられる年齢の子供ならいいですが、
チャイルドシートに寝っぱなしで身動きが取れない頃の赤ちゃんに、
風が当たり続けるのは体温の面から見ても、呼吸の面から見ても不安だったので、
首振り機能は絶対に欲しいところでした。

(首振り機能があっても、生後数ヶ月の頃は呼吸が心配なので直接は当てられませんが・・・)

 
静音性・風力・首振り機能などの面から見て、こちらに決めました。

そして、もし万が一子供が指を入れてしまわないためにも、
こちらのメッシュタイプにしました。

 

車の後部座席に扇風機を取り付けるには?

静音性や風力の面から考えて、家庭用のクリップタイプの小型扇風機で納得がいったものの、
ここで問題なのは、家庭用の小型扇風機は車では使えない点。

車のシガーソケットは12V、一方家庭用の小型扇風機は100V

家庭用の扇風機を車で使うには、12V→100Vに変換する必要があります。

変換するためには、インバーターと呼ばれるものを使います。

インバーターはシガーソケットに差し込むと、家庭用の扇風機が使えるようになります。

静音性や冷却ファンがないこと、消費電力などを考慮して、
私の場合は、これを買いました。

私の購入した扇風機は100Vでしたが、インバーターで家電を使いたい時は、
お使いになりたい扇風機の消費電力を確認してインバーターを購入して下さい。

ちなみに、インバーターを使うと扇風機だけではなく、他の家電も車で使えるようになるのですが、
ドライヤーなどあまり消費電力が大きいものを使うとバッテリーに負担がかかるので、
きちんと消費電力を調べてからにしましょう。

 
扇風機を付けてから後ろの子供から苦情が来ることもなくなりました!

更に、チャイルドシートの赤ちゃんには、チャイルドシート用の暑さ対策もして、
子供の車の暑さ対策はバッチリです。
チャイルドシートの暑さ対策

車の暑さ対策を万全にして、暑い夏を乗り切ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ