隅田川花火大会2015の日程!おすすめスポットは?初めての方向け


hanabi夏の風物詩の花火大会が各地で開催されています。

今年も隅田川花火大会が7月に予定されていますね。

隅田川花火大会は、ビルなどの高い建物が多く、場所取りが難しいので、
事前に下調べをしていかないと、花火が全然見られなかった!となることもあります。

特に初めて行く方向けに隅田川花火大会の2015年の日程や、
初めて行く方向けのおすすめスポットを厳選!

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会2015の日程

日程・概要

2015年7月25日(土) 午後7時05分から午後8時30分

※雨で実施できない時は、翌日の7月26日に順延。

隅田川花火大会 第一会場
開始時間:19:05~20:30

花火の打ち上げ数:9,500発

打ち上げ場所:桜橋下流~言問橋上流

最寄り駅:浅草駅(銀座線、都営浅草線、東武線)

隅田川花火大会 第二会場
開始時間:19:30~20:30

花火の打ち上げ数:10,500発

打ち上げ場所:駒形橋下流~厩橋上流

最寄り駅:蔵前駅(都営浅草線、都営大江戸線)

第一会場、第二会場を合わせると約100万人が来場。

隅田川花火大会はものすごい人で、ゆっくり座ってみる花火ではなく、
基本的には歩きながら見る花火。

そして、立ち止まることができないエリア・立入禁止のエリアがあります。
警備員の指示に従い、座ることはもちろん、立ち止まることができません。
この付近に行ってしまうと、人に流されて強制的に歩かされますので、注意が必要です。

 
●一方通行

  • 言門橋
  • 吾妻橋
  • 駒形橋
  • 厩 橋
  • 蔵前橋

 
●相互通行
  • 白鬚橋
  • 両国橋

 
●立入禁止
  • 桜橋
  • ※桜橋付近は、花火を満載した台船が停泊し危険なため、立ち入り禁止になります。

下調べをしていかないと、花火は見れずに、人に巻き込まれただけで終わりということもあります。

 

隅田川花火大会おすすめスポットは?

初めて隅田川花火に行く方は、第一会場に行きがちですが、
これが失敗のもとです。

特に第一会場の台東区側・浅草周辺は激混みです。
本当に隙間なく人人人人です。

 

第一会場付近は、座って見れるいい場所は市民協賛の有料席ですでに埋まっており、
近くで見ようと橋周辺に行ってしまおうものなら、
座ることはおろか立ち止まることもできず、警察の規制でずっと歩かされます。

そして、隅田川花火大会は、数日前からの場所確保は禁止されており、
ガムテープ貼り、ブルーシートでの確保、チョークで印をつけるなどの行為が禁止です。
以前、芝生に白スプレーでの場所確保などのマナー違反もあったようです。
見つかればすぐに撤去されていまいます。

スポンサーリンク

そのため無料で座っていい席で見る為には、早朝、または遅くても当日の昼までに
場所取りをしなければいい場所は取れません。

前日の夜から徹夜という方もいます。

早くから場所取りができる方、歩きながらでも迫力の花火が見たい方にはおすすめできますが、
初めての方や、ゆっくり見たい方にはおすすめできません。

それでも「第一会場付近で座って迫力の花火をみたい」という方には市民協賛席がおすすめです。

この市民協賛席は協賛金を支払うと特別観覧席に招待してもらえるシステムです。
有料席を販売しているわけではないので、大会順延・中止になってもお金は返還されません。

① 墨田区側両国親水テラス
※第二会場が観覧できる椅子席
募集口数:1800口程度
協賛金額:5000円/1口

②台東リバーサイトスポーツセンター野球場
※第一会場が観覧できるビニールシート席
募集口数:1500口程度
協賛金額:6000円/1口

③台東リバーサイドスポーツセンター少年野球上
※第一会場が観覧できるビニールシート席
募集口数:500口程度
協賛金額:6000円/1口

④台東スポーツセンター野球場(団体用)
※第一会場が観覧できるビニールシート席
募集口数:50口程度
協賛金額:24000円(22人以内) 

昨年の募集は4月23日~5月23日でした。
2015年の募集も同じ時期ぐらいになるはずですので、
近くなったら情報を逃さないようにしてください。

隅田川花火大会・無料で初心者におすすめのスポットは?

隅田川花火大会が初めて、でも無料で気軽に花火を楽しみたいという方は、
第二会場をおすすめします。

第二会場であれば、なんと、夕方18時頃に行っても、
シートを敷いて座って見ることができます。

徹夜組もいる第一会場とは大違いですよね。

何故かこんなに違うかというと、第二会場は18時くらいに周辺道路が交通規制が始まり、
江戸通り・春日通りが歩行者天国になるから
です。

つまり18時からしか歩行者天国にならないので、18時までに現地付近に行っておき、
交通規制が始まってからサッと場所を確保すれば、座ってみることができます。

少し見えづらいなと思えば、始まってから見える場所に移動することも可能です。

そして、この付近はコンビニが多いため、トイレにも便利です。

第一会場の花火は見れませんが、第二会場だけでも約10,500発の花火が上がります。
花火を楽しみたいだけでしたら、第二会場付近をおすすめします。

ただ、第二会場周辺は、第一会場に比べて露店が少ないので、
露店を楽しみたい方は、15時くらいに浅草に行き、露店を楽しんだ後、
18時前には第二会場につくよう移動して、場所を確保して花火をみるのがベストだと思います。

まとめ

2015隅田川花火大会日程
●2015年7月25日(土) 午後7時05分から午後8時30分

初めて行くなら第二会場の江戸通り・春日通りがおすすめ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ