Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オリーブオイルが固まる理由や対策は?品質に問題ない?


スポンサーリンク

オリーブオイル固まる対策

気温が低い時や冷蔵庫に入れておいたオリーブオイルが固まっている!

オリーブオイルに白くてフワフワしたものが浮いている!

オリーブオイルが固まる原因と固まった時の対策をご紹介します。

スポンサーリンク

オリーブオイルが固まる理由は?

冷蔵庫に入れたオリーブオイルに、白くてふわふわしたものが浮いている!

こんなことはありませんか?

オリーブオイルが固まる原因は、ズバリ温度です。
温度が低いとオリーブオイルは固まってしまいます。

 

オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれています。
その白くてフワフワしたものの正体は、オレイン酸が固まり始めたものなのです。

オリーブオイルが固まる温度は?

オレイン酸自体は、16.3℃以下になると固まり始めます。
ですが、オリーブオイルには、オレイン酸以外に他の成分も含まれているので、16℃では固まりません。

なので、実際にはオリーブオイルが固まり始める温度は大体10℃ぐらいです。
10℃を切ってくると徐々に固まり始めます。

そして、5℃以下になると、白く濁って結晶のようになります。

 

オリーブオイルで固まるものと固まらないものの違いは?

数種類のオリーブオイルを保管していると、種類によって固まるものと固まらないものがあるのに気づくことがあります。

・温度も同じ
・置いていた場所も同じ

どちらも同じ保存状態で同じ条件だったのに、片方は固まっており、片方はサラサラ。
オリーブオイルの固まり方にこんな違いがでるのはなぜでしょうか。

 

同じ条件で固まるか固まらないかの違いは、オリーブオイルの精製度の違いがあります

オリーブオイルは、精製度の低い方が固まり易いです。

精製度が低いというのは、搾ったままに近いということで、
精製度が高いというのは、精製されて不純物が少ないということです。

なぜ、精製してあるオリーブオイルの方が固まりにくいかというと、
オリーブオイルに限らず、油には天然のロウ物質が含まれています。
そして、このロウ成分が油の温度が低くなった時に固まる原因なんですね。

でも、精製によって固まる原因の蝋物質が減っているから、精製されたオリーブオイルの方が固まりにくくなっています。

ちなみにこのロウ成分を完全に取り除いたのがサラダ油で、サラダ用のドレッシングのために、冷蔵庫で保存しても固まらないように作られたものだと言われています。

ただ、精製されているとはいっても、オリーブオイルはサラダ油ほどロウ成分を取り除いているわけではありません。
なので、未精製のオリーブオイルよりも固まる温度が低いというだけで、精製されたオリーブオイルでも固まります。

 

スポンサーリンク

オリーブオイルが固まっても品質には問題ない?

低温になり、オリーブオイルが固まってしまっても、成分には変わりがなく、普通に食用油として使えます。

ただ、注意したいのは、風味や香りです。

固まったものを一度溶かしたぐらいなら、風味や香りはそれほど落ちてはいませんが、
オリーブオイルは、固まったり溶けたりを繰り返すことで、どんどん風味や香りが落ちてしまいます。

さらに、この時点では風味や香りが落ちただけで、食用油としては問題ありませんが、
それ以上に固まったり溶けたりを繰り返していくと、オリーブオイルに含まれた食物繊維が傷んでしまいます。

そして、風味や香りだけにとどまらず、オイル自体が劣化してしまうので注意が必要です。

オリーブオイルは固まったり溶かしたりを繰り返すのはやめましょう。

 

オリーブオイルは冷蔵庫で保管してもいい?

オリーブオイルは上記で記載した通り、固まったり溶けたりを繰り返すことで劣化が早まります。

冷蔵庫に入れると寒すぎてオリーブオイルが固まってしまうので冷蔵庫での保管はやめましょう。

夏場などに長期間外出することが決まっているなど、止む終えない場合は、野菜室で保管しましょう。

 

オリーブオイルが固まってしまった時の対策

 

固まってしまったオリーブオイルの溶かし方

冷蔵庫に入れて白くなったオリーブオイルをどうやって戻すか?
その方法はいくつかありますが、いずれも急ぐと風味と香りを落とすことになります。
ゆっくり時間をかけて溶かしましょう。

 

1 常温において溶かす

18℃前後の冷暗所に置いておいて、徐々に溶かしていきましょう。
時間はかかりますが、風味と香りを保つには一番おすすめの方法です。

 

2 湯せんにかける

熱が苦手なオリーブオイルですから、使うお湯も40℃くらいにします。
ちょっと手を入れていい湯加減、くらいですね。
そこへビンごと入れて、長くても3分くらいで溶かしましょう。
3分程度であれば、風味や香りが維持できます。

 

3 電子レンジにかける

どうしてもすぐに使いたいという時には、電子レンジにかけましょう。
使いたい分だけ、深めのお皿に入れて、低いワット数で10秒刻みに溶かします。
この方法だと、風味と香りは落ちますので、あくまで応急処置としてご紹介します。

 

まとめ

オリーブオイルの保存方法と固まった時の対処方法、固まらせない方法をご紹介しました。

・5℃以下になるとオレイン酸が固まって、オイルが白く濁ってきます。
・固まったり溶かしたりを繰り返すとオイルの劣化が早まる
・固まってしまったオリーブオイルは常温で溶かすか、湯せんがおすすめです。
・長期間入れっぱなし保存には、冷蔵庫の「野菜室」がおすすめです。

劣化を防ぐためにも、固まらせないように上手に保存して、オリーブオイルの風味と香りを保ちましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ